動物性乳酸菌と植物性乳酸菌

乳酸菌って昔からありますけど、最近では細かく種類分けされているようです。

どれが良いのか選ぶのも大変だったんですが、最近知ったことですが、、乳酸菌でも動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に大きく分かれているようです。

動物の乳糖などから作られる動物性乳酸菌と植物から作られる植物性乳酸菌は同じ糖質から発酵させた物ですが、その性質はかなり違っています。

動物の乳糖から発酵して出来る動物性乳酸菌は、より過酷な条件下でも生きのびられる植物性乳酸菌に比べて、生存の条件がよくない所では生きのびることが困難だと言うことです。

ですから、昔から日本人に親しまれている漬物などの塩分が多いものなどの条件でも生き伸びることが出来ます。

また、腸内の具合を整えて、免疫力を高める効果もあるようで、特に最近注目されている乳酸菌だということです。

昔から日本でよく食べられている食品の中に沢山含まれていることでももっと一般的に知られても良い事だと思います。

私もそうでしたが、ほとんどの人が乳酸菌に動物性、植物性と分かれていることを知らないと思います。

油などが動物性、植物性とあるのを考えれば、不思議ではないように感じます。

ではどう言った物が動物性乳酸菌で、植物性乳酸菌はどれなのか、判っている人も少ないと思います。

動物性乳酸菌などは、一般的にヨーグルトやチーズなどの発酵食品に入っているのは誰でも判ると思いますが、最近では植物性乳酸菌を使ったヨーグルトなども出てきたようで、食品表示などをよく観ないと判らないこともあります。

そこでお勧めなのが、どの食品が植物性乳酸菌を多く含んだ食品なのかが良くわかるランキングサイトがこれです。

植物性乳酸菌の情報

ここを観ればどれを買えば植物性乳酸菌を摂取できるかが一目でわかりますこれでどれを選べばいいかが判りますので、あとは両者の違いをよく調べてから、各々の特徴を効果的に使い分けて自分にあった乳酸菌を選んで摂取するのがベストな選択だと思います。